FC2ブログ

小さな春の・・・・



昨日の夜から強い北風が吹き荒れて雨に時折
雪が降ったりしています 殆どは雨で雪が積もる
事は無いのですが冬らしいお天気になっています
そんな寒い日ですが林の中を良く探すと小さな小さな
春の兆しを見つける事が出来ます一月も終わりが
近づいて来ると気の早い子達は早くも春の準備を
始める様です オオカメノキさんもその一つで冬芽の
中には花芽さんが丸々として来ていて春になったら
咲くぞ~とやる気満々になっています あまりに
張り切りすぎて花芽さん風邪を引かないと良いの
ですがこの分だと春に日差しを感じると一番に
花を咲かせてくれるのでしょうね 寒い日がまだ
続きますがこんな春の兆しがちょこっと見えて
来るそんな季節になった様ですね・・・・・

Photo by RICOH GR3


冬の日に旅立つ・・・

R000001620200120

秋に咲いていたオヤマボクチさんの花もすっかり乾いて
種さんが出来ていますね 種さんは風が吹くたびに一人
また一人と旅に出ていきますがいつもなら雪に埋もれて
しまうはずの時期に普通に旅に出るのは種さんも
ちょっと驚いているかもしれませんね 1月も半ばを
過ぎましたが今頃に雪が全く無いというのはちょっと
記憶に有りません 戸惑いながらも旅立つ種さんも
この分だと無事に地面に着地できるのでしょうね

今日は大寒ですが朝から気温は高めでおよそ大寒
らしく有りません2月の半ば頃には春の兆しが見えて
来るのですが冬らしい冬はやって来るのでしょうか?
それはそれで大変なのですがここまで来るとちょっと
心配になるそんな時期の様ですね・・・・・

Photo by RICOH GR3

眼光鋭く・・・



眼光鋭く寒空を見ているのは狛犬さんですね
お正月の喧騒も終わって今は静かになったな~
なんて狛犬さんも思っているかもです 狛犬さんと
言いますが右の阿形さんは実は獅子でライオンさん
ですからね猫科さんなので犬と呼ばれるのはちょっと
心外かもしれませんね 左の吽形さんは犬なのですが
二体纏めて何故か狛犬さんと呼ばれていますね

苔むした狛犬さんですがこれ位古いとフォトジェニック
ですよね偶に新しい狛犬さんが有りますが50年もして
苔むして来ると素敵な狛犬さんになるのでしょうね
いつもなら白い雪の帽子をちょこんと寝せている
冬の狛犬さんですが今年は無帽でこれも暖冬の
影響でしょうね 狛犬さんは頭が冷たくないので
ちょっと嬉しい冬と思っていそうですね・・・・

Photo by RICOH GR3

少し嬉しく・・・・



地面の落ち葉さんを掻き分ける様に出ている緑の色は
フキノトウさんですね 意外にも暖かな冬に顔を出して
いましたがいよいよ葉っぱを開いて花を咲かせてくれるの
でしょうか 一月にフキノトウさんの花が咲いたら本当に
早くて驚いてしまいますが枯れ葉に枯草それに冬枯れの
木々の中で綺麗な早春の緑色は見るだけでも少しだけ
嬉しくなってしまいますね このまま春になるとも思えないの
ですがフキノトウさんは無事に花を咲かせてくれるのでしょうか?
緑の色は良いのですがそんな事を心配してしまいますね・・・・
(やっぱりまだ一月・・・・冬ですからね・・・・)

Photo by RICOH GR3

冬なのに・・・・



暖冬と言われますが冬は冬でやっぱり寒いですね  とは言え
雪の無い田んぼの畦道には黄色の花が咲いて緑の雑草さんまで
有りますからここだけ見ると早春の様な気もしてしまいます
黄色の花はノボロギクさんで5月から8月位が花の時期で
いわば夏の花ですね  雪の降らない温暖な所では一年中花が
咲くのですがいつもは雪の多いこの辺では冬は雪に押しつぶされて
花どころでは無いのですが今年の冬は余程暖かなのでしょうね
ノボロギクさんも今は春?そんな事を思っているかもしれません・・・・

Photo by RICOH GR3


雪は降りましたが・・・・



昨晩から朝に掛けて雪が降りました 雪とは言っても
霰(アラレ)の様な雪がほんの少しだけ積もった様です
少しだけの雪ですから雪化粧とは行かずに斑模様の
雪景色になってくれました 秋の落ち葉さんの上にも
雪が積もりましたが落ち葉さんは例年なら雪に潰されて
すっかり平面になっている筈が雪の無い冬なのでまだ
落ちたままの形を留めてくれていますね こんな所にも
暖冬の影響ですがこうなるといつ迄原型を留めていて
くれるか逆に気になってしまいますね 春までこのまま
なら本当に珍しい事です

R00024550116.jpg

雪の後には青空が見えて来ましたが今日は前線の
通過で曇り時々雨の様なそんなお天気で雪はもう
降らない様です 昨年の今頃だと前が見えない程の
吹雪とか除雪との闘いとかでしたがこの冬は本当に
そんな言葉とは無縁ですね・・・・・こんな冬で
本当に良いのでしょうか?

Photo by RICOH GR3

冬らしく・・・・



鉛色の空に重い青の海は北国の冬の色でようやく冬らしく
なって来た様ですね  少し見えた青空も鉛色の雲があっという間に
隠してくれてこれぞ雪国の空という感じです  重い色の空と海は
見るだけでも暗い気持ちにさせてくれますがこの色が無いと
冬が来たという感じが余りしませんね 少し変な冬ですが
1月も半ばまで来てやっとやっと冬らしくなって来たのでしょうね・・・・

Photo by SONY ILCE 7RM2 CarlZeiss Distagon 35mm F2.0

しっとり君・・・・?



6月を彩ってくれた紫陽花さんも冬の最中には
すっかり抜け殻の様になっていますが 繊維だけに
なっても花だった頃の綺麗さを残しているのは
流石と言うべきでしょうか? 昨年の今頃は
雪に数度に渡って押しつぶされて見る影も
無かったのですが今年はスッと立っていて
まだまだ行けるよとそんな風にも見えます
ただ今頃は殆ど見られなくなる雪国の紫陽花
さんですが良く言われるカサカサ君ではなく
しっとり君なのはちょっとした誤算でしょうか
紫陽花さんはやっぱりカサカサ君でないとと
言われそうですがしっとり君も中々だと
思いますよ・・・・・

Photo by RICOH GR3


灌木の間から・・・



昨日一日降り続いた雨もようやく上がってくれて
灌木の間からは青空が覗いています 雪の無い
冬ですが雨も多くて週の内半分以上は雨と言う
所でしょうか 冬晴れの続く地方なら灌木さんは
冬枯れと言うのでしょうが雨の多い雪国の冬では
冬枯れと言うにはちょっとしっとりし過ぎですね
冬枯れの林なら歩くとカサカサと落ち葉の音が
しますがしっとり濡れた落ち葉ではそんな音も
しませんからね とは言えいつものなら雪が沢山で
林の中に入るだけでも大変なのですが秋と変わらぬ
林には今頃でも普通に入る事が出来ます これも
また暖かな冬の贈り物なのでしょうね 雪の無い
冬には何となく寂しさも感じてしまいますが・・・・・

Photo by RICOH GR3  

赤い芽は・・・・



冬になって寂しくなった生け垣さんにも良く見ると
赤い冬芽が付いていますね ドウダンツツジさんの
冬芽ですが真っ赤な色は秋の紅葉の色が冬芽に
付いているのでしょうね  真っ赤な色の冬芽さんですが
春になって出てくる新芽さんは勿論綺麗な緑色ですね
緑の葉が出る冬芽さんならもっと地味〜な色でも良いと
思うのですが真っ赤な冬芽さんは周りの木々が地味な
色になる季節に少しでも色を届けようと真っ赤な色に
なっているのでしょうか? 冬芽さんの中では春になって
出てくる緑の葉が今か今かと春の来るのを
待っているのでしょうね・・・・・

Photo by  RICOH GR3  


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽にどうぞ(^^♪

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

画面サイズ測定プラグイン

blogram

ブログランキングに参加しています

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
1位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR