- 風まかせ
FC2ブログ

花ではありませんが・・・・

緑の葉の中に淡いピンクの花・・・・ではありませんねツクバネウツギさんの木ですが花は既に終わっていて(白い綺麗な花です)花の様に見えるのは花の後に残った萼(ガク)ですね5枚綺麗に残った萼はまるで花の様に見えてしまうのではないでしょうか? 萼の付け根の下側1センチ程の部分が種なのですが種の熟す秋になっても萼はこのまま残っています 種は熟した頃にポロリと茎から離れるのですがその時にツクバネの名の通りに残っ...

夏の色に・・・・

5月も間もなく終わりを迎える今頃ですが緑色のちょっと変わったナツハゼさんの花が咲きだしました ナツハゼさんはツツジ科スノキ属の木で身近な所ではブルーベリーさんが仲間で花は大きさこそ違いますがそっくりな花です ナツハゼさんは夏の頃には黒く夏色に変わりますが実が熟すのは葉が紅葉する秋になってからですね 夏色に変わってからもゆっくりゆっくりと秋の実りに向けて熟して行きますが秋の終わりの頃には控えめな甘さ...

ムギュッと・・・

もうすぐ花を開きそうな蕾がムギュッと閉じていますねオオキンケイギクさんの蕾でちょこっと色が見えていますが濃い黄色の花を間もなく咲かせてくれる筈です 綺麗な黄色の花は初夏の緑をより綺麗に見せてくれますが沢山咲くオオキンケイギクさんは最近ありがちですがこの子も外来種ですねアメリカ辺りから園芸用やグランドカバー(法面の保護等)などに使われる様に導入されたのですがいつの間にやらあちこちに根付いてしまって今...

梅雨の入口・・・・

梅雨にはまだもう少しですがしっとりとした空気は雨の季節だと言うことを感じさせてくれますね 紫陽花さんの花はまだツブツブですがもう少しするとツブツブも色づいて来るのでしょうね気の早い子がほんの少しだけですが早くも花を咲かせてくれています 淡い色合いは最初の頃だけですがこの子もそんな色なのできっと咲いたばかりの色の様ですね しっとりとした空気は周りの空気というよりも紫陽花さんが作っているそんな気さえし...

風媒花なので・・・

梅雨前の今頃はヒメコウゾさんの花の時期ですね と言ってもヒメコウゾさんの花はこんな花でこれが花?ってそんな花ですねかなり変わった花ですが広がった毛が雌しべさんでこの子は雌花さんですね 花びらは?と思うかもしれませんがヒメコウゾさんは風媒花(風に乗って来た花粉で受粉します)なので花びらは不要という事で退化してしまったのでしょうねこの子が雄花さんでこちらも花びら無しの花粉を飛ばす機能だけの花です 風媒...

オレンジの色が・・・

4月に花を咲かせていたモミジイチゴさんの実が青くて硬い実から少しですがオレンジの色が見えて来てもう少しで食べ頃を迎えそうですね イチゴの仲間の実は草の様に地面に近い位置に成る実が多いのですがモミジイチゴさんはトゲトゲの木に成るイチゴさんとしてはちょっと変わった実ですね 色も赤くなるイチゴが殆どの中オレンジ色の実ですからやっぱり少々変わっていますね そんなモミジイチゴさんですが野イチゴさんの中では一...

アザミさんに・・・・

トゲトゲの葉っぱがスラリとした茎に付いたアザミさんは花が咲くまではちょっと怖いそんな雰囲気ですが赤紫の花が咲くととても綺麗ですね 花が咲き出しの頃は丁度田植えの時期で水の張られた田んぼが綺麗な時期でも有りますね 緑の雑草さんの中にアザミさんの花は如何にも梅雨目前の景色と言えそうですね・・・と・・・・ミツバチさんがやって来ましたアザミさんの花はキク科の特徴で小さな花が沢山集まっていますから蜜も花粉も...

夏を越えて・・・

モミジさんは春に花を咲かせますね 赤い小さな小さな花は主役は秋の葉っぱだよと言っているかの様な色以外はとても控えめな花ですね 花が終わるとすぐに実ができるのですがヘリコプターのプロペラの様な形の面白い実で花が咲いた後には沢山の実が付いています 花の後にすぐにできる実ですがこの後夏を越えて秋までじっと種が熟すのを待っていて紅葉も終わった頃に種さんは一つまた一つと風に乗ってクルクルと回りながら旅立ちの...

もうすぐ咲きます・・・・

丸い蕾はまだちょっと固めですが中の色が見える様な色です きっと中には綺麗な花びらがみっちりと詰まっているのでしょうね 真ん丸な蕾さんは芍薬さんの蕾ですがもうすぐ咲き出してくれそうです 芍薬さんの花は同じ牡丹科の牡丹と似た花ですが初夏の頃に咲く大きな花はまた違った味わいが有りますね 間もなく始まる雨の季節ですがそんな雨の中で大輪の花を咲かせてくれるのでしょうね・・・Photo by RICOH GR3...

菖蒲と菖蒲・・・・?

菖蒲(アヤメ)と菖蒲(ショウブ)漢字で書くとどちらも同じ菖蒲ですね この季節はこの子達に更に杜若(カキツバタ)さんまで加わって同じ様な姿の3つにどれがどれやら訳が分かりませんね似ているのは当然でどの子もアヤメ科アヤメ属ですからねこの3つは背丈が少しずつ違っていてアヤメさんが50センチ程でショウブさんが80センチ程でカキツバタさんが60センチ程ですが小さなカキツバタさんと大きなアヤメさんだとやっぱりどっち...