風まかせ

MacとiPhoneのインチキブログです 脱線しまくりですが(・∀・)

Haswellさんまであと少しですね



インテルさんの第四世代coreプロセッサであるHawellの
発売まであと少しですね 6月1日の深夜に東京の
秋葉原で一部のショップで製品紹介イベントの開催が
予告されておりイベント終了後の深夜から世界で最初に
Haswellプロセッサの販売がスタートするようです

インテルの第四世代coreシリーズHaswellはCPU単体での
性能向上は10%低程度に留まる見込みですが内蔵された
GPU(グラフィックコア)の性能向上は現行Ivybridgeの
2倍〜3倍と言われグラフィックの面では劇的な向上が
期待出来そうですがそれ以上に期待されるのは省電力機能で
スタンバイ時の消費電力は現行のULTRABOOKの30分の1
(3W→0.1W)と言われています 

また省電力化の為にCPU等への電圧を細かく制御出来る
仕組みも取り入れてきめ細かい制御で高性能と省電力の両立を図る様です
iVybridgeではCPUコア全体で同じ電圧を使っていますが
Haswellではコアごとに電圧を変える制御も可能になります
これによりコアごとのオーバークロックなどの性能可変が
よりきめ細かく出来るようになり必要な性能を素早く
確実に引き出せる様になります 必要な性能を必要な時に
引き出して必要の無い時はパワーを抑える制御で無駄な
電力消費を抑えるとか省電力への取り組みは最新のCPU
らしく徹底していますね

この省電力化によりノート型パソコンの電池寿命は現行
モデルよりも劇的に伸びる事になりそうですね 現在
販売されているAPPLEのモデルではMacbookAir 11インチ型で
5時間 13インチ型で7時間のバッテリー寿命になっていますが
両モデル共に現在よりも1.5倍〜2倍程度のバッテリー寿命と
なるのでは無いでしょうか? バッテリー寿命が現行モデル並みの
場合はバッテリー搭載量を減らして軽量化も期待出来そうですが
現在でも十分に軽量ですからバッテリー持続時間の長時間化を
図るというのが順当な進化という気がします 新型MacbookAirでは
11インチ型で約8時間 13インチ型で12時間程度のバッテリー寿命と
いう事になりそうな予感ですね この程度のバッテリー寿命が
実現出来れば現在ACアダプタを持ち歩いている人もACアダプタを
持ち歩く必要が無くなって実質的な軽量化にも繋がりそうです

Haswellさんは以前出たPentiumMの様なモバイルパソコンに
久々に革新をもたらすCPUになるか可能性が高そうです
これからはノートパソコンは八時間以上のバッテリー寿命は
当たり前・・? ということになりそうですね

ただ新型CPUのHaswellさんは素晴らしい出来なのですが
それを支えるチップセットのインテル8シリーズは
USB3.0部分に問題※が有るらしく夏ごろに新しい
リビジョンの生産開始が既にアナウンスされていたり
するのがちょっと気になる点ですね 以前にもこんな
問題が有りましたが(sandybridgeの初期に・・・・)
今回はそのままチップセットは発売される様です
(回収などは行われない見込み・・・)
APPLEに供給されるチップセットのUSB3.0部分が
どうなっているかはちょっと気になる点では有りますね
この問題はソフトウェアで解決出来る問題では無く
新リビジョンのチップが出てこない事には解決できないので
早期に新しい設計のチップが出回る事が期待されますね
でもこんな問題を抱えたままで見切り発車に近い形で
発売してしまうのは疑問ですね Haswell搭載機を購入するなら
8月以降の新チップを待ってからでも遅くは無い様な
気もします
現行機ではUSB3.0はチップセットの機能を使用していますが
6月に発売されると言われる新型MacではUSB3.0に関しては
チップセットの機能を使わずにルネサス等のサードパーティ製
専用チップの採用が有るかもしれませんね 

※USB3.0接続のストレージで内部のファイルを
 開いたままでS3スリープに入れると再開時に
 ファイルを見失うという問題が発生するようです
 問題が起こった際は再接続で復帰するらしいのですが
 今のチップセットでも起こりがちなトラブルで
 以外と面倒なので出来れば不具合無く出荷して欲しい物です
 インテルでは問題発生時にもファイルには損傷などは
 みられないので今のところ静観の構えの様ですね




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

USB3.0のハブはこんな運用になりました

以前に使っていたUSB3.0のハブが壊れて新しく導入したサンワサプライさんの
USB3.0ハブUSB-HGW410WN ですが最初にハブを設置した時はきちんと認識したのは
記事にしたのですが夜寝る前にMacをスリープに入れて次の朝にスリープから覚ますと
こんなメッセージが出ましたね

201304190112345.png

ちょっと嫌な警告メッセージですが直後にFinderを開いてUSB3.0のハブに接続されている
外付けHDDの認識を確認すると3台共に全て認識していました どうやらスリープからの
復帰直後に外付けHDDの内どれかを一旦アンマウントしてしまうのですがアンマウント直後に
またマウントしてくれている様です 復帰の一瞬だけアンマウントしてしまう訳で
一瞬とはいえちょっと気味が悪いですね 

毎回このメッセージが出るようだとHDDの健康には余り良くないですね 
毎日このメッセージは正直見たくないので外付けHDDをどのポートに接続すると
メッセージが出なくなるかを色々なパターンで試して見てスリープからの復帰時の
アンマウントメッセージが出なくて安定して使用出来るUSBポートの使い方を模索してみました・・・・

201304190112346.png

オレンジの矢印が今回新しく購入したハブになります ハブの上の
青い矢印はバスパワー(ACアダプタ無し)のUSB外付けHDDですね
後の外付けHDD二台は電源付きの外付けHDDになります  

MacBookProのUSB端子の内、後ろ側のUSB端子(電源に近い方)に
ハブのUSBケーブルを接続しています 前側のUSB端子からは
バスパワーの外付けHDDを端子を独占する形で接続しています 

後ろ側のUSB端子に接続したUSB3.0ハブからは電源付きの外付けHDD二台と
USB3.0接続のメモリカードリーダーを接続しています ハブの4ポートの
内残りの1ポートにはUSB2.0のハブを接続してこのハブからはiPhone等が
接続されています   

文ではちょっと分かりにくいので纏めると・・・・

MacBookProの後ろ側にUSB端子→USB3.0ハブ→外付けHDD二台(電源付き)・カードリーダーとUSB2.0ハブ

MacBookProの前側のUSB端子→バスパワーの外付けHDD1台のみ接続

どうやらスリープ復帰時に毎回アンマウント→マウントされていたのは
一台のみで接続したバスパワーのHDDの様です 現在はこの接続で復帰時の
トラブル無く毎日使用しています これでようやく安定して使用出来る様に
なりましたね やはりバスパワーのHDDをハブに接続するのは少し注意が
必要な様です 今回はこの接続で安定していますが外付けUSBHDDのブリッジチップは
各種有りますからチップが変われば安定させるには試行錯誤が必要なのかもしれませんね




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

USB3.0のハブはこれになりました・・

先日USB3.0のハブが壊れて以来適当な物が無いのでUSB2.0のハブを
使っていましたがちょっと大きなファイルを扱うと途端に遅さが
鼻に付きますね 例えばデジカメで撮ったファイルをSDカードから
HDDに吸上げるとかでもUSB2.0接続でHDDが接続されているとMac上の
表示では1GBで転送時間約一分と表示されてしまいますね RAWファイルとか
だと5GBの容量も珍しく無いのでそうなると約5分と言われてしまいます
外付けHDD関係は全てUSB3,0対応品なのですがコレでは宝の持ち腐れですね



で探していたのはUSB3.0ハブでもセルフパワー品(ACアダプタ付き)で市場に
多く出回るバスパワー品に比べると元からの品揃えの数が各メーカー共に
数機種しかなくて非常に狭い選択肢の中から選ばなければなりませんね
結局購入したのはこのエントリの前の前のエントリでメーカーにお願いをした
ELECOMさんの製品では無くサンワサプライさんの製品です ELECOMさんは
セルフパワーの製品をラインナップする数少ないメーカーの一つでは有るのですが
製品の記載事項に明らかに誤りが有っても平気で販売する様なメーカーで
ちょっと信頼に欠けている様な印象になってしまいました(ちょっと話がズレましたね)

製品の型番はUSBーHGW410WNでセルフパワーで4ポートの製品です 色は白と黒が
有りますが購入したのは白の方です 販売価格は5000円をほんの少し切る位でしたが
今日現在Amazonさんでは黒なら3992円で販売されていますね(白は4481円とお高いのは謎ですが)
白を購入したので量販店のポイントを考えると殆ど価格は同じ位ですね(黒ならAmazonが安いです)

内部のハブチップにはVIA製のVL811が使われていてUSBーIFの認証を取得した
チップセットになっています メーカーでは公式にインテルさんのPantherPoint
チップセット対応を謳っていますが普通の人にPantherPointと言っても
?になると思いますが現行のMacが使っているインテル7シリーズチップセットの
事ですね ネットの評判によると現在出ているUSBハブの中では鉄板と呼ばれる
製品の一つの様です

DSC018us34.jpg

内容物としては本体とACアダプタそれにケーブルですね
説明書と保証書は箱の内側に記載されていて最近は
よく有る形ですね 保証書はこの形式だと良く無くすん
ですよね ACアダプタは横刺し専用でちょっと場所を取る
タイプです 添付のUSBケーブルは3.0対応品では良く有る
極太で硬いタイプです

DSC018us43.jpg

スペック表です当然ながらきちんと書かれています(某社の様な事は無い様です)
ACアダプタは最大で2.5Aまで供給可能ですから最大供給電力は2.5A×5Vで12.5Wと
いうことになりますね バスパワーのHDDは一台だけなのでこの12.5Wの電力で現環境では
問題無く使える筈です

DSC018us37.jpg

ACアダプタの仕様ですね セルフパワーのハブを買う人は
このへんのスペックも気になる筈なのでメーカーさんには
きちんと容量を記載して欲しい物です 

USB201304150112345.png

接続して見ましたが当然の事ながら普通に認識されますね
HDDも全て一発で認識しています 搭載チップのリビジョンを
見ると前に使っていたPLANEXの製品より新しいチップになっています
チップがUSB-IFの認証を取得したのは昨年の12月なので当然かもしれませんがね

2013041601123456.png

壊れた以前のUSB3.0ハブですが今回の購入品と比べると必要な電流の
項目に大差が有りますね 必要な電流はハブそのものが消費する電流で
主にハブチップが消費する電力になります 以前の物は上にある様に
100mAを消費していますが今回の購入品は2mAと非常に少ない消費電力に
なっていますね消費電力が少ないということは発熱も少なく安定した
動作に寄与するはずです 

念の為、速度を計って見ました 計測に使用するファイルはいつもの
1030MBのMP4ファイルです 先ずはこのファイルをデスクトップに
コピーしておいて外付けHDDにコピーを行なってみます 

デスクトップ→HDD(USB3.0接続ハブ経由)  8.7秒 (約118MB毎秒)

HDD(USB3.0接続ハブ経由)→デスクトップ  8.4秒 (約122MB毎秒)

USB接続のハンデを感じさせない十分な速度ですね これくらい出ていれば
外付けHDDとしては十分では無いでしょうか? これでGBクラスの写真ファイルでも
安心して扱う事が出来ますね写真フォルダを開くのでもUSB2.0接続のHDDでは
開くまでに”間”が有りましたがUSB3.0接続ではサクサク開く事が出来ますね
ハブはUSB3.0接続では問題の有る(スリープすると起きた時に認識出来ないとか)
製品が多いのですがこの製品で落ち着いてくれれば良いのですがね 安定性などは
暫く使って見ないと分からないので暫く使って見て続きを書く予定です・・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking







テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

Thunderboltは新型になりますが・・・・

201304013011234567.png

インテルさんとアップルで共同開発されたThunderboltの
チップが近々新しくなりますね 新チップはRedwood Ridgeと
呼ばれるチップで世代としてはこれも間もなくデビューの
新型CPU Haswellファミリーの一員ですね 特徴としては
DisplayPort 1.2のサポートで4K2Kの環境をサポート出来るように
なった事とHasewell世代らしく大幅な消費電力の削減ですね

出荷開始は恐らくHaswellと同時期ですから早くて6月前後に
なるはずです Thunderboltで以前から話題になっている
転送速度の倍速化(10Gbps→20Gbps)は次世代のFalcon Ridge
からのアップデートになる予定でこれは来年(2014年)に
発売の予定になっています 

デビューが6月からということなので今年発売のMac製品
(MacBookProとAir)にはこの新型Thunderboltチップを
採用されそうです(開発の経緯からいうと間違い無く)

WiFiも既に10.8.4のベータ版から11ac対応のコードが
見つかったりしていますから次期Mac製品では11n対応と
同じ様に”当然でしょ”という感じでサラッと対応しそうです
11acでは最大1300Mbpsと高速なアクセスが可能で外部との
やり取りが更に高速で出来るようになりますね 

ただ前々から思うのですがThunderboltは一向に一般的な
規格にはなっていませんね 相変わらずほんの少しの
周辺機器しかなくて使いたいと思う機器は少ない&高価と
いう状況が長く続いています インテルさんはThunderboltの
使用に関しはかなり厳格なライセンス管理を行なっている様で
USBの様にサードパーティ製の安価な互換チップとかが
出る様な事は現時点では無い様です この厳格すぎる運用が
規格普及の足かせになっている様な気もしますね 

自社の利益を守るのも結構なのですが先ずは市場での一定の
普及を図らないと規格そのものが宝の持ち腐れという気も
します 今は互換チップが無い→製品が高い→普及しない
→なのでやっぱり高いの悪循環になってしまっています
ライセンス管理を緩くして全体のパイが増えれば自ずと
インテルさんの利益にも繋がると思うのですが中々そうは
ならないですね 相性問題や互換性問題を嫌っているので
しょうがちょっと厳しすぎる管理という気もします
この辺インテルさんは今後をどうするのかちょっと
分からない所では有りますね・・・・・





このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

WR9500にはUPnPの脆弱性が有ると言われていますが・・・

WiFiルータにNECアクセステクニカのWR9500Nを使っていますが
NECアクセステクニカのルータ製品に関しては1月の終わりに
UPnP(ユニバールプラグアンドプレイ)の脆弱性が有ると
報道がされていました UPnPはインターネットとの
接続に使うポートを自動的に開けてくれるサービスで本来で有れば
ローカル側(パソコン側)からの要求で必要なポートを自動で
開けてくれるのですが今回の脆弱性はそれがインターネット側
(外部)から開かれてしまうというものです ルータの機能としては
ローカル側からは要求に答えて外部へのアクセスを可能にするのが
普通の動きなのですがそれが外部からのアクセスに反応してしまう
バグが有るわけです 外からポートを勝手に開かれるとこちらの
情報が漏れたりとかこのバグが有るとセキュリテイ上好ましく無い
状態になります 

取り敢えずこのバグが有ると心配なのでバグによりルータのUPnPが
反応するかどうかをチェックしてみたいと思います このチェックには
CHECKMYROUTER.ORGのサイトを使用します このサイトは外部から
ルータのUPnP機能にアクセスしてUPnPが反応するかどうかを
自動でチェックしてくれるサイトです

20130409011234577.png

海外のサイトにありがちな怪しい日本語ですね
最初にアクセスすると英語になるかもしれませんが
右上の部分で言語を選ぶ事が出来ます 英語のままでも
テストは可能ですが変な日本語でも日本語が良ければ
日本語に切り替えて下さい テスト結果は英語表記なので
英語のままでも特に問題は無いと思います

テストの開始は下のスタートをクリックして下さい

20130409011234578.png

IPは今接続しているIPアドレスが表示されていますルータを
使っているとパソコン側ではこれとは異なるアドレスが振られて
いますがこのアドレスはルータがインターネットとのやり取りに
使っているアドレスということになります 英語版だと同意事項が
表示されているのですが日本語版ではゴチャゴチャ書かれているだけで
同意事項的なものは有りません テストの開始は いま確認を
クリックして下さい

20130409011234579R.png

暫く待つと結果が表示されます矢印の部分がPASSEDと表示されて
いればユニバーサルプラグアンドプレイには脆弱性は無いと
いうことですNECアクセステクニカの製品ですがUNnPには
バグが無かった様です 今回はバグは有りませんでしたが
プロバイダ(NIftyを使っています)側でユニバーサル
プラグアンドプレイのポートを制限している可能性も有りますから
NECアクセステクニカ製のルータを使っているならチェックを
しておいた方が安心ですね 

念のためNECアクセステクニカさんのサイトでルータの
ファームウェアのアップデートが無いか確認してみると・・・・

20130409011234581.png

なんとアップデートが出ていますね(なんという偶然・・・・)
それもユニバーサルプラグアンドプレイのセキュリテイ向上と
今回チェックしたバグの修正がタイムリーに提供されています

20130409011234582.png

早速ファームウェアのアップデートですね ファームウェアの
アップデートはアップデートが有っても殆ど行われないのが
実情の様ですが今回のアップデートは該当する機器には
行った方が良いと思います NECアクセステクニカの製品は
こちらのページで最新ファームのダウンロードが出来ます
軽微なバグに思えますが以外に重篤なバグなので早急に
対処した方が良いようです

20130409011234583.png

アップデート後のチェックでもPASSEDで一安心ですね 早速チェックしても
実はメーカー側から対応ファームの提供が無いと根本的には解決されません
チェックでバグが有ることが判明して対応ファームの提供が無い時は
ルータでユニバーサルプラグアンドプレイ機能の利用停止の措置が必要ですが
一部の通信などに問題が出るときも有って同機能を止めると問題が出ることが
あります 該当メーカーには早急な対応ファームの提供が期待される所ですね

他社のルータでもチェックをしておいた方が安心ですね
もしかして・・・・・も有りますからね




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

2.5インチ型の7200rpm HDDが今年で生産中止・・・・



HDD最大手メーカーのSEAGATEが2.5インチ型7200回転のHDDの
生産から今年一杯で撤退するとの報道がありますね 
まだSEAGATE本体から発表は無い様ですが近い内に
発表がありそうです 2.5インチ型の7200回転のHDDと
言うとHDDの中でもハイエンドのノート型に使われるHDDでしたが
最近ではハイエンドノート=SSDでいくら7200回転の高速HDDとは
言ってもハイエンドノートでは殆ど需要が無いのでは無いでしょうか?

APPLEでもハイエンドノートというとMacBookProですがフラッグシップの
retinaモデルではBTOモデルでもHDDの選択は不可能で通常液晶の
モデルでも余程容量が必要な人以外はハイエンドっぽい構成を
選択する時はSSDを選択することが殆どですね 店頭販売モデルを
そのまま買うとHDDモデルですがこれは5400回転型を搭載していて
やはり今回生産中止になる予定の7200回転型では有りませんね

5400回転型だと静音で比較的発熱しませんが7200回転型だと
それなりの回転音と発熱が有って音と発熱を我慢できたとしても
速度はSSDとは比べ物にならなくて 今となってはSSDと比べると
存在価値が薄いと言われても仕方が無い様な気もします

MacBookAirや各種UltraBookによって一般消費者には
それほどの容量が必要無くて もし容量が必要ならオンラインストレージや
外付けHDDなどで十分にカバー出来る事が普通の人にも浸透したので
ノート型では以前よりも容量容量という人の数が減った気がします
今回の生産中止(まだ正式発表は有りませんが)は時代の趨勢という
気がしますが最大手がこのような方針を打ち出している以上は
二位のウェスタンデジタルも同様の発表をするのは時間の
問題という気がします

デスクトップ用の3.5インチ型はまだまだ大丈夫そうですが
これも2TB以下とかの小容量HDDの生産が絞られるのは
時間の問題という気がします 小容量高速はSSDの方で
カバー出来そうですからHDDの守備範囲は少ない方は
1TB以上なのかもしれないですね 現在は100GB以下の
HDDは高価ですがもう少しすると1TB以下のHDDは貴重品に
なってしまうかもしれないですね 

時代の動きは早くて後二年もすると え〜とHHD・・・・あ〜あの
カリカリ言う機械式のヤツですね〜なんて言っているのかも知れません 
CDがレコードを駆逐したようにSSDなどフラッシュドライブへの転換は
予想以上に早そうですね・・・・あっという間に・・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking
続きを読む

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

SAMSUNG SSD840シリーズがキャッシュバック中ですね



SAMSUNGさんの最新SSD840シリーズが昨日からキャシュバックキャンペーン中
ですね 国内代理店(ITGマーケティング)扱いの正規品のみ対象ですが
128GB品が1000円分のキャッシュバック 256GB(250GBも同じ)が2000円分の
キャッシュバック 512GB品が3000分のキャッシュバックとなっています
(キャッシュバックはVJA(VISA)ギフトカードにて行われます)
円安効果で一時の最安値からは値上がりしてしまったSSDですがこのキャンペーンを
使えば最安値に近い値段で購入出来るのでは無いでしょうか?期間は3月一杯と
まだまだ有りますからSSDの購入を検討している人は利用しない手は無い様な
気がしますね たかだか1000円から3000円のキャッシュバックですが円安で
値上げ分位のバックですから結構魅力的なキャッシュバックに思えるのですが・・・

ITGマーケティング(キャンペーン告知ページ)




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

SATAの次は・・・・?

01hjhghjnn.jpg

OCZ Technologyさんから新型のSSD Vertex 3.20シリーズが発売に
なっています Vertex 3.20シリーズはコントローラにSandforce2281を
採用しシーケンシャルリード(連続読み取り)550MB/秒 シーケンシャルライト
(連続書き込み)520MB/秒と良き書きのバランスの良い高い性能を実現しています
採用されているMLC NANDフラッシュはプロセスルールが20nmで価格は予価で
120GB品が13000円程度で240GB品が22000円程度になる様です 激安品と言われる
SSDに比べると少々高めの値段ですがSSD専門メーカーで今までの価格設定から
みるとかなりリーズナブルになりましたね

この新型SSDもそうですが最近発売されたSSDはどれも読み書きが毎秒500MB程度の
製品が多くなっていますが採用されている接続規格はS-ATAで現行規格では読み書きが
毎秒600MB程度と現行のSSDでは接続規格の上限転送速度に近づいて来てしまって
います S-ATA規格ではこれ以上の高速接続規格を策定する予定は無くてS-ATAでは
現在の規格で打ち止めになる様です S-ATAでもHDDなら十分な速度なのですが
SSDではもう少しの高速化で頭打ちになってしまう恐れがありますね

このために既に次の規格が用意されていますがそれは既に一部のハイエンドSSDで
採用されているPCIexpress接続ですね intel製SSDでもハイエンド品の910シリーズで
採用されていて最大転送速度は2GB/秒とかとんでも無い高性能SSDです 値段も
その分・・・・なお値段なのですがS-ATAという足かせが無ければここまで高性能に
なるという見本でも有りますね intel910シリーズでは通常SSDの2.5インチ互換形状では
無くデスクトップ機のPCIexpressスロットに直接取り付ける形状になっています
この直接スロットに取り付ける形状ではノート型には取り付ける事が困難で
一般のデスクトップ型にも取り付けが問題に為ることも多くなりますから
現行のS-ATAの様なコネクタも準備されています

gbhgjhi5.jpg
それがSFF-8639と呼ばれる規格でPCIexpressの4レーンまで使用可能に
なっています SFF-8639にはサブセットと言われる規格も有ってそれが
SATA Expressと呼ばれる規格でこちらはPCIexpressの2レーンまで使用可能に
なっていて一般のノート型やUltraBookではこちらの規格が使われる事に
なるようです 

SATA規格の策定当時はこの位の速度が有れば当分は大丈夫と
策定されたのですがあっという間に規格を実際が追い越して
しまった事になりますね SATA3Gbpsでは既に殆どのSSDが
実力を発揮出来ませんから6Gbpsの方も追い越されるのは
時間の問題の様です 現在高速化に使われているAHCIも
機械式HDD向けに作られた規格でSSDには一部のコマンドが
不向きな様で新しい規格も既に出来ています(NVM Express(NVMe))

PCIexpressの採用で更にSSDは高速化するのでしょうが
規格の策定時は凄い速さで当分は大丈夫と思っても
また数年もすると現実が規格を追い越す事になるのでしょうね
今は読み書き500MBでスゲ〜とか言っていますがその内
読み書き1GB・・・ふんふんとか普通に言っていそうです
高速化は恐ろしい勢いで進んでいる様ですね

フラッシュメモリの微細化も恐ろしい勢いで進んでいます
読み書き寿命とのバランスで20nm以下は実用化は困難とか
言われていましたが上に記事にしたSSDでも20nmが普通に
使われています コストと読み書き寿命のバランスを
見ながら微細化が進んでいますがこれも何処まで微細化が
進んでしまうのでしょうか? 10nmを切る日が本当に
やって来そうです・・・・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

USB3.0のケーブルが硬いのは・・・・・

従来のUSB2.0と比べると非常に速い転送速度(最高5Gbps)の
USB3.0ですがUSB2.0ではその速度を有効に生かせなかった
外付けHDDなどもSATA接続と遜色無い速度が出たりして高速な
デバイスの性能を有効に生かせる様になりましたね
でもUSB3.0対応のHDDやハブなどを買ってみるとケーブルが
黒くて太くて硬くてUSB2.0対応のケーブルと比べると
ちょっと驚いてしまいますね このUSB3.0のケーブルが
硬い訳ですが内部の構造としては下の図の様になっています

201302180112348.png

内部の線としてはUSB2.0用として4本でそれに更にUSB3.0用の
5本を追加して全部で9本もの線が入っています その9本の線を
更に雑音を防ぐ(電磁的妨害をカットします)為に網状のシールド線が
全体を包んでいます この9本の使い方ですが下記の様に
なっています

VBUS USB 2.0用信号線 USB 3.0信号線 バス・パワー
D+ 差動信号Data+
D- 差動信号Data-
GND バス・パワー用接地
SSTX+ - SuperSpeed送信差動信号+
SSTX- - SuperSpeed送信差動信号-
SSRX+ - SuperSpeed受信差動信号+
SSRX- - SuperSpeed受信差動信号-
GND - USB 3.0用信号接地

ちょっと見にくいかもですが上から4番目のバスパワー用接地を
境に上側がUSB2.0で下側がUSB3.0になっていると思って下さい
USB2.0と3.0の一番の違いはデータ用の信号線がUSB2.0では
2本(+ー)しか無いのに対してUSB3.0では送受信別々に4本の
信号線を持っています USB2.0では送受信を短い時間で切り替えながら
信号を送るのに対してUSB3.0では送受信がそれぞれ専用の配線を
持っています 言ってみれば電車の単線と複線のイメージで
思って貰えれば間違っていないと思います これが高速な転送速度を
出せる一つの理由になっています 

この9本もの線とシールド線がケーブルが固くなる理由なのですが
こんなにこんなにケーブルが固く太くなるならUSB2.0との互換性を捨てた
USB3.0専用ケーブルが有っても良いような気がしますね 
それなら内部の線の数も6本と少なく出来て細く作れる様になるはずです

現行のUSB3,0のケーブルでは重量の有る外付けHDDなどではそれほど問題に
なりませんがUSBハブとかカードリーダーなどではケーブルで機器が浮いたりして
取り回しが非常によく有りませんから細く柔軟性の有るケーブルの開発は
急務だと思いますね 

DSC_23hg94.jpg
 
外付けHDDケースではほとんどがUSBハブ3.0対応で太いケーブルが
付属されて来ますが接続するパソコン側がUSB2.0の場合はこんなに
太い取り回しの悪いケーブルは使用したく有りませんね 

201302180112350.png

上が外付けHDDやハブなどに使われているUSB3.0のmicroB端子なのですが
端子の半分はUSB2.0のmicroB端子がそのまま使われていて
USB2.0で動作させるのならUSB2.0のmicroB端子だけ接続すれば
OKです microB端子はAndroidスマートフォンの充電用に使われて
いるアレですから一本位はお持ちでは無いでしょうか?これで使えば
USB2.0ですが大幅に取り回しが良くなりますね

今はまだ硬くて太くて黒いUSB3.0ケーブルですが普及に伴って
次第に取り回しの良いケーブルが出てきそうです 
もっと普及してくればUSB3.0の専用ケーブルと言うのも出てきそうです 
それまでの辛抱という気がしますね・・・・

先ほど元の様にブログを閲覧出来るようにしました短い間でしたが
ご迷惑をお掛けした事を深くお詫び致しますm(__)mm(__)mm(__)m
また閉鎖時に励ましのコメントを頂いた方々にも感謝しております
やはりコメントはブロガー(インチキですが)にはご飯の様ですね
力が出ます ありがとうございました・・・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

選別品? 選別落ち品? リマーク品?



CPUやメモリなどのパーツはシリコンウェハと呼ばれる
シリコンの結晶を切り出した円盤から作るのですが
工業製品ですから当然同じ円盤から切り出したチップでも
性能のバラ付きが出てきますね〜メーカーさんの理想から
言えば最上位の高く売れるチップが沢山取れれば理想的
なのですが中々そうは行きませんね〜また全体の生産計画も
有りますから単純に良いチップが沢山採れたからと言って
全量を高価で高性能なチップとして出荷出来ない事情も
有ったりしますね〜   

で登場するのがメーカーとしてのチップの選別ですね〜
例えば全体的には余り性能の良くないチップが沢山採れたの
ですが中に何個か性能の良いチップが混じっていたりしますね〜
これは選別品と呼ばれてエリートのチップですね
また全体的には良いチップが沢山採れたのですが中には
低性能のチップが混じっていたりしますね〜 こっちは
選別落ち品と呼ばれて低価格品として出荷されたりしますね〜

リマーク品は採れた全体が高性能のチップなのですが生産計画では
低価格のチップが欲しい為に高性能のチップをリマーク(性能制限)して
出荷するものですね 同じチップなのにこの3つは微妙に違うような
気がしますね〜同じ価格ならリマーク品→選別品→選別落ち品の
順番に性能が良いような気もしますね〜(実際は全く同じなのですが・・・・)

以前にAMDのCPUで3コア品が有った時は2コア品や3コア品は
4コア品の選別落ちやリマーク品が使われて居る時が有ったり
しましたね 上手くリマーク品を買えるとBIOSで✗✗すると
ソフトウェア的に無効化されて居るはずのコアが復活したりして
2コア品の値段で4コアになったりしましたね〜 この時も
選別落ち品では無効化されているコアは本当に不良コアだったり
しましたね〜(ちょっと遠い目・・・・・)

メモリでも現在主流のDDR3 1600Mhz品でも1333Mhzの選別品の
場合も有ったり 逆に1333Mhz品が1600Mhz品の選別落ち品
だったりしますね〜 1333Mhz品が1600Mhz品のリマーク品だった
場合は1600Mhzでも動いたりしますね〜どのメモリも表記の
規格では動くのですがね〜同じ買うならリマーク品が良かったり
します   

選別品も選別落ち品もリマーク品も書いてある規格では
動くのですがね〜何となく違う気がするのは気にしすぎ
なのでしょうかね〜 箱には3つの内どれとも書いては
無いのですが気になりますね〜 




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

次のページ

FC2Ad