2019年03月 - 風まかせ
FC2ブログ

桜さん咲き出しました・・・・

今か今かと待っていた桜さん(ソメイヨシノ)が少しだけですがいよいよ咲きだしてくれました まだ咲きだしていない木や数輪だけの木も沢山ですが白く見える程に咲きだしている木も有って後数日もすれば空も見えない程の咲き方になってくれるのでしょうか?ここにも数輪咲いていますね ピンクに染まった蕾がパンパンに膨らんで桜さんの花も待ち切れない様ですね 今日はちょっと寒い日でしたが日差しは暖かで春の陽気の中で咲くの...

一足お先に・・・

林の色が新芽で萌黄色に変わるのはもう少し先でしょうか・・・そんな林ですが一足お先に萌黄色の花を咲かせた木が有りますね木五倍子(キブシ)さんの木でふわりと垂れた花穂にはブドウの様に萌黄色の花が付いています 一個一個は小さな花ですが枝一杯に花が付く姿は萌黄色の春の色ですね 黄色の花と言うと結構有りますが萌黄色の花と言うとちょっと珍しくて木五倍子さんは萌黄色の春を代表する花ではないでしょうか?  木五倍...

何歳でしょうか・・・・?

カタクリさんが綺麗な花を咲かせていますね 地面に春を告げる妖精さんは春になると球根から葉っぱを伸ばして花を咲かせますが種から芽を出して花を咲かすまでには6年〜7年程度掛かると言われています カタクリさんの群落の中には小さな葉っぱ一枚とか大きな葉っぱだけで花の無いカタクリさんを見つける事が出来ますがそんな子達はまだ養分を貯める修行時代でそんな修行時代を5年〜6年するとやっと花を咲かせる事が出来る様になり...

数日で・・・・

今日の朝は生憎の雪模様でしたね 最初は雨だとばかり思っていたのですが降る速さが妙にゆっくりだな〜と思っていたら雪でちょっとびっくりです 3月も終わりと言うのに雪が降るのは少しだけ珍しいですね お彼岸の中日も過ぎて居るのでまさか雪とか思ってしまいました 段々と大きくなっているソメイヨシノさんの蕾も雪には驚いたかもしれませんが少々の雪くらいではもう何とも無い様ですね 大きくなった蕾の先端からはちょっと...

妖精さんが咲きました・・・

雨や曇りの日が続いていましたが ようやく晴れた今日は春の妖精さんが綺麗に咲いてくれましたよ カタクリさんは晴れの日になると花を開いて虫さんが来るのをじっと待っています 花びらはピンク色ですが蜜の有る花の中心は白くなっていて独特の模様が付いていますがこの模様はきっと虫さんに蜜はここだよ〜と教えてくれて居るのでしょうね・・・模様を見てやって来たのでしょうか? ホウジャクさんがやって来た様です ホバリン...

あちこちから・・・

雪の消えた後にはあちこちから水仙さんが出てきますこんな所から?と思う様な所からもひょっこりと顔を出してくれます 秋には彼岸花さんがこんな風にあちこちから出てきますが水仙さんもまるで春の訪れを知らせるかの様に咲いてくれますね そう言えば彼岸花さんは秋のお彼岸の頃に咲きますが水仙さんは春のお彼岸の頃に咲きますね 実はどちらもヒガンバナ科で水仙さんはスイセン属 ヒガンバナさんはヒガンバナ属と同じヒガンバ...

光を受けて・・・

冬の間は葉をピタリと閉じてじっと寒さに耐えていたオオカメノキ(ムシカリ)さんの木も春の光を受けて葉を開いてきましたね オオカメノキさんの木の葉は大きな葉ですぐに大きく開いて春の姿を見せてくれる筈です 他にも沢山の木が林には有りますがオオカメノキさんの木は何時も一番に春の姿に変わりますね木の上を見ると早くも花が出来ていますね この花も昨年の秋には出来ていて冬の間はじっと縮こまって寒さに耐えていました...

ショウジョウバカマさん・・・

寒い雪の日を過ぎてみると林の足元にはショウジョウバカマさんの花が咲いていました まだまだ色の少ない林の足元ですがショウジョウバカマさんの花が咲くと林の木々も芽吹きの季節を迎えます 芽吹きの後は萌黄色の季節の始まりでそんな季節の始まりをショウジョウバカマさんは教えてくれて居るのでしょうね・・・ 今はまだ白いショウジョウバカマさんの花ですが花がショウジョウ色(白い花は時間の経過と共に色が変わります)に...

寒さの後には・・・

金曜日から今日までの3日間はまるで冬が帰って来たかと思えましたね 特に昨日今日は雪まで降ってくれて昨日の朝と今日の朝は真っ白になる位降りましたから本当に冬が帰って来たかと思ってしまいました この寒さは上空に居座る前線さんによるものでしたが その前線さんも今日の午後にはようやく居なくなってくれた様です 前線さんが去った後には青空が覗いてくれて夕暮れは久しぶりの夕焼けまで見せてくれました 今日の最高気...

くるん・・くるん・・・

くるんくるんと春を喜んで踊っているのはヒメオドリコソウさんですね春の雑草さんでオオイヌノフグリさんと並んで何処にでも生えてくれる雑草さんです オドリコソウの名の通りに踊りを踊って居る様な面白い形でこの形からオドリコソウって名前を付けた昔の人のネーミングセンスには脱帽ですね 一番上の目立つ所に花を付けて葉っぱは春の日差しをどの葉にも均等に受けられる様に下の方ほど外に広がった形はとても理にかなった形で...