今度はMacBookPro13(2015Early)さんをベンチしてみました - 風まかせ

今度はMacBookPro13(2015Early)さんをベンチしてみました

初期不良で交換になったMacBookPro13(2015early)ですが2014モデルに
比べるとCPU周波数の微妙なアップ(2.6GHz→2.7GHz)メモリクロックの
アップ(1600MHz→1866MHz)ストレージのリンク幅のアップ(2×→4×)と
各部が少しだけスペックアップしていますね せっかく短い間に新旧二台のマシンを
使う稀有な機会に恵まれたので今度は新しい方のMacさんをベンチマークしてみました
ベンチマークに使ったアプリは総合ベンチマークアプリのNovaBenchとXbench
それにストレージのベンチマークとしてBlackMagicDiskSpeedTestを使用しています
新旧のデータが並んでいますが左が2015earlyで右が2014midとなっています

先ずはNovaBenchさんですね


上からメモリ CPU グラフィック ストレージのデータですがメモリは
横ばいCPUはちょっとアップ グラフィックは横ばい ストレージは大幅に
アップしていて 総合的には10%弱の性能アップというところでしょうか

Xben20150519011235698.png

今度はXbenchですねNovabenchと傾向はほぼ同じですがグラフィックの一部
(OpenGL)のスコアが2015の方が低いのはちょっと気になりますね やはり
スコアが大幅に伸びているのはストレージで2015の強化点は主にこの部分なので
しょうね

black201505200112346.png

最後はBlacMagicさんでストレージだけの性能測定ですね このテストは
ストレージのみの性能測定ですが上のベンチと同じ様にストレージの性能は
大幅に伸びていますね 書き込みでは2014とくらべて2015では3倍以上の
伸びで読み取りも2倍以上になっていて2014のデータは何?って位の伸びですね
128GBモデルでは2014はSanDisk製のSSDを使っていて性能はイマイチとの
声が有りましたが2015ではSAMSUNG製への変更プラスPCIエクスプレスの
リンク幅アップで大幅な性能アップとなった様ですね  CPUやメモリ グラフィックは
微妙な性能アップですがストレージだけはかなり大幅性能アップで2014の弱点は
ここだと言うのをAPPLEさんも把握していたのでしょうね これでバランスの
取れたマシンになったという気がしますね2014はちょっとストレージが足を
引っ張っていた気がどうしてもしましたからね これで完成形で次のCPU
アップデートのSkylakeでは13インチも15インチも大幅な刷新が待って居るの
かもしれませんね・・・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking





関連記事

コメント

非公開コメント