スプリング・エフェメラル - 風まかせ

スプリング・エフェメラル

R0136545160329.jpg
     (RICOH GR かすか)

咲き出したカタクリさんは今が盛りと花を咲かせていますね 花の期間は
咲き出してから大体2週間前後ととても短いですね 今度の週末には
咲き出してから約2週間でそろそろ終わりが見えて来るそんな時期に
なりますね


     (Nikon D610)

カタクリさんは春の花に多いスプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれる花で
花が終わって種が出来るとその後は跡形も無く消えてしまいますね そんな仲間は
キクザキイチゲさんやニリンソウとかもそうで何故か春はそんな花が多いですね

DSC_6317160329.jpg
     (Nikon D610)

草丈も低く小さな花ですが種から花を咲かせるまでには7年程度の
年数が必要で花を咲かせない小さな個体は葉を一枚だけ春に出して
養分を蓄えるのをずっと繰り返して球根に栄養を貯めこんで行きます
可憐な花ですが開花までの年数を聞くと蝉さんが地中で7年過ごすのと
ちょっと似ていますね

DSC_6297160329.jpg
    (Nikon D610)

虫さん(ハナアブさんの様です)が受粉に頑張っていますね(^^)

一旦花を咲かせる様になると後は40年~60年程度は球根の世代を
新しくしながらずっと花を咲かせるそうで寿命の長さにはちょっと驚いて
しまいますね

R0136565160329.jpg
    (RICOH GR)

花の後には種が出来るのですが種は鞘から弾けてその場に落ちてしまい
拡散はし難いのですがこの後が巧妙な仕組みで拡散するんですよね
種の表面には美味しい物質が付いていて落ちた種を蟻さんが巣に運びこむ
そんな仕組みになっています 種そのもは蟻さんは食べないので表面の
美味しい物質をペロペロした後は種を巣の外にポイと捨てるそんな仕組みで
種が拡散しますね なんてご都合主義の拡散の仕方ですがこれがカタクリさんが
長年の進化で掴んだ仕組みなのでしょうね カタクリさんの集まる群落ですが
そんな長年の積み重ねで出来ていると思うと大切にしないといけませんね
大事にすれば来年も再来年も同じ場所で花を咲かせてくれると思いますよ

球根を掘ってのお持ち帰りは絶対にしてはいけませんが花の後の種をお持ち帰り
ならギリギリOKと思いますよ 種から栽培すると花は7年後とかまで咲きませんから
息の長い栽培が必要になりますね



このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=IN-MAC11BK&cate=1ブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

BS blog Ranking





関連記事

コメント

非公開コメント

No title

40年~60年程度も寿命があるんですかぁ~
す・すごぉ~い!
こんな可憐なお花なのにしぶとい?(*´艸`*)

モノクロのカタクリ初めて見たような気がします。
なんだか違うお花のような感じがしてフシギ。
わたしもカタクリが咲いたらマネッコしてみよっかなぁ~