windows phone - 風まかせ
FC2ブログ

windows phone

今日KDDIからWindows Phone 7.5搭載スマートフォン 
富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製 「Windows Phone IS12T」が
発表されました。9月以降に発売される予定ですがこのままの日程で
発売されると世界初のwindows phone 7.5搭載のデバイスになる予定です

pre02.jpg

このIS12Tの搭載しているOSはwindows phone7.5です
このスマートフォン用OSは前作のwindows phone7から
インターフェースを一新してタイル状の縦スクロール型
インタフェースになりました と言っても前作のデバイスは
日本では発売されていませんから前作からの改良点は
ちょっと分かりませんがタイル状のボタンを並べて
使い安く改良した様です このインターフェースを
マイクロソフトではメトロデザインと呼んでいます
イメージとしては地下鉄の案内板の様な分かりやすさを
狙っった様です、。

このタイル状のボタンをハブと呼んでいてそれぞれのボタンが
(People、Pictures、Games、Music+Videos、Marketplace、Office)
の6つにカテゴリに分類され クラウドと連携するそうです
たとえばpeopleのハブではFace bookやwindows Live IDと関連付いた
アドレス帳ににより例えばSNSの更新などもチェック出来るようになります

今回の日本発売にあたっての日本語ローライズは日本で行われた物で
日本独自のフリック入力「カーブフリック」が採用されています
他OSの持つフリック入力を研究して開発した物の様です
日本語IMEとしてはマイクロソフトらしくMS-IMEを採用しています
折角のMS-IMEなのですからwindowsのユーザー辞書をコピーで
利用できれば便利なのですがその辺はまだ分かりませんね

ブラウザはIE9を搭載していてこの辺はwindowsの強みです
何と言っても業界標準ブラウザ(力技ですが)ですから
動画を見ると以外とサクサク動いているようです

officeも標準搭載でワード・エクセル・パワーポイントの
編集と閲覧に対応しています(2003・7・10対応)
音楽機能は音楽管理ソフトZuneに対応していますが
Zuneは日本では未発売なので詳細は分かりませんね
アプリはmarketplace対応で全てのアプリにマイクロソフトの
審査が入りセキュリテイ等の問題をチェックします現時点での
対応アプリ数は約24000が配信されているそうです
まだ発売前なので殆どが英語アプリでしょうけどね~
9月までにどの程度用意してくるのでしょうか?

チップセットはSnapdragon(1Ghz)を採用しています。
内蔵メモリは32GBでユーザ分は約28GB。3.7インチ液晶(800×480) 
カメラ1320万素CMOSとなる。、1280×720ドットの動画撮影にも対応します。
最近の端末のは珍しく外部メモリ(SD)などに対応していません
iphoneも対応していませんがiphone以外の端末で非対応は
珍しいですね~(セキュリテイ対応らしいです)

is12t2.jpg



バッテリー容量は1460mAh。大きさは約59×118×10.6mm
重さは約113g。ボディカラーはシトラス、マゼンタ、ブラックの3色で
防水・防塵仕様となっています

これを書いていて思ったのですがちょっと遅きに失した感が
有りますね~このOSならではという魅力が余り感じられません
発売時はそこそこ売れるかもしれませんが長期に渡って売れるかと
言われると無理でしょうね~この姿で2年前に出ていればまだ違った様な
気がしますけどね 一応クラウドとか今風の機能も有るのですが
それだけでこのOSにを使うかと言われても・・・・ですね
ま開発費が回収出来る位は売れると良いんですけどね~~~

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





関連記事

コメント

非公開コメント